THC-Bとは?

THCBは、2019年末にイタリアの科学者グループによって単離されました。

THCBは大麻に含まれる主な精神活性成分であるΔ9-THCと密接な関係にある植物性カンナビノイドで、化学構造に若干の違いがあります。その新しさゆえに研究はまだ十分進んでいるとは言えませんが、ここではTHCBについてこれまでに分かっている事を解説していきます。


◆THCBとは?

THCBはΔ9-THCに近いカンナビノイドで、両者はペンチル側鎖をブチル側鎖に置換しただけの相違点しかありません。

THCBを発見した研究者によると、THCBはΔ9-THCと同様にエンドカンナビノイド系と相互作用し、主に脳内のCB1およびCB2受容体に作用する様です。THCBは、ヒトのCB1受容体(Ki = 15 nM)およびCB2受容体(Ki = 51 nM)に対してΔ9-THCと同等の親和性を示したとの事です。

◆THCBの効果

THCB に対して、鎮痛および抗炎症作用の可能性を示すためにホルマリン試験が行われました。

その際THCBのCB1受容体に対する部分的な作動活性が示され、Δ9-THCのヒトへの影響と同様の有望な結果が得られた様です。

効果としては痛みの緩和、抗炎症作用、睡眠におけるポジティヴな効果などが報告されています。

THCBはまだ非常に新しく、現在までにその存在を確認した研究は1件のみでTHCBの潜在的な用途や効果についてはほとんど何もわかっておりませんが、THCBはCB1受容体への結合親和性が強いためΔ9-THCと同等かそれより強力である可能性が示唆されています。またTHCBは大麻に大量に含まれているわけではないので、摂取したときにどの程度顕著な効果があるかは不明であることに留意する必要があります。

◆THCBを含む品種

現時点ではこの新しいカンナビノイドに関する研究はまだほとんど行われていないため、どの品種が他の品種よりもTHCBを多く含むのかは不明です。

THCBは安全か?
THCBは研究が不十分なため、使用する際には健康的な注意を払う必要があります。THCBが精神活性を持ち、めまい、口の渇き、無気力などの副作用が現れる可能性があります。