Cannabis HHCPとは?

HHC-Pはヘキサヒドロカンナビフォロールの略で、THCの誘導体であるTHC-Pと非常によく似ています。

そして、通常のHHCやHHC-Oアセテートよりもはるかに強力な作用があります。

こちらの記事ではHHC-Pとは何かを解説していきますが、そもそもHHCやHHC-Oを知らない方も多いので、先にHHCとHHC-Oの解説を簡単にしていこうかと思います。

◆HHCとは?

HHC(ヘキサヒドロカンナビノール)は、2021年からアメリカのΔ9-THCが違法な州やメキシコ、日本で流行し始めた半合成カンナビノイドで、Δ 9- THC と多くの類似した効果を持っています。HHCには痛みの緩和/抗不安/幸福感などの効果が有りますが、副作用として不安/めまい/口の渇き/食欲増進/不眠症/パラノイア/心拍数の増加/目の充血などがあります。陶酔効果の強さとしては、Δ8-THCとΔ9-THCの中間と言われています。

HHCは1940年代に化学者のRoger Adamsによって発見されました。HHCは自然界のカンナビスにもごく僅かに含まれますが、そのことから現在市場で出回っているHHCは基本THC分子に2つの水素原子を添加し、その物理的特性を変化させることで生成されています。

HHCは実験室でこの水素添加プロセスを用いて変換されるのが最も一般的で、通常は水素に加えパラジウムなどの金属触媒を使用します。

水素添加はΔ9-THCの構造を変更し、安定性と熱酸化分解に対する抵抗力を向上させます。つまり、HHCは保存期間が長く紫外線や熱によるダメージを受けにくいということになります。

HHCは日本では2021年末からHHCが流通し始めましたが、残念ながら2022年3月にそれは規制されました。

ちなみにHHCには非常に多くの種類が存在し、確認できただけでも10種類を超えています。

【例】

  • HHC (Hexahydrocannabinol)
  • 7-OH-HHC (7-hydroxyhexahydrocannabinol) 
  • 7-9α-OH-HHC (7-oxo-9α-hydroxyhexahydrocannabinol)
  • 8-OH-iso-HHC (8-hydroxy-iso-hexahydrocannabinol)
  • 9α-OH-HHC (9α-hydroxyhexahydrocannabinol)
  • 10α-OH-HHC (10α-hydroxyhexahydrocannabinol)
  • 10α-ROH-HHC (10aR-hydroxyhexahydrocannabinol) 

◆HHCOとは?

HHCに酢酸塩が付加されアセチル化されるとHHC-Oアセテートというプロドラッグになります。 HHC-Oは酢酸塩が加わることで血液脳関門を通過しやすくなり、Δ9-THCと同等の陶酔効果を得ることができます。 私たちの体の代謝には、酢酸を切断する酵素があり、HHCをCB1受容体で容易に利用できるようにするのです。 Δ9-THCとHHC/HHC-Oは、体内のカンナビノイドシステム(ECS)で同じように処理されるため、似たような効果が得られます。

HHC-Oは、HHCのプロドラッグ版であるため、優れた薬効があります。 HHC は通常、気化後すぐに効果を感じることができるが、HHC-O は効果を感じるまでに 15 ~ 30 分かかります。 HHC-Oは高いバイオアベイラビリティのために HHC 単体よりも強く、HHC-O を他のカンナビノイドと混合すると、さらに効果を強化することがで可能です。   またTHC-Oと同様に粘度が低く非常にスムーズな吸引が可能であり、エディブルにも適しています。

◆HHCPとは?

HHC-PはΔ9- THC-Pと多くの親和性を持ち、どちらも7つの炭素で構成される炭素尾部を持っています。 この長い尾部によって、他のカンナビノイドよりもはるかに強くCB1受容体に結合することができます。 その効果は非常に強力ではありますが、フルアゴニストではないと考えられています。 Δ 9- THC-Pは、Delta 9 THCの約33倍の強さでCB1に結合すると推定されていますが、これは33倍の強さであるという意味ではありません。 しかし、体感としてTHC-PがΔ9-THCよりも強力なことは変わりません。そして、これはHHC-Pにも同じことが言えます。

HHCPは安全か?

HHCやHHC-Oにも同じ事が言えますが、これらの比較的新しいカンナビノイドはまだ十分な研究が進んでいないため、

安全とは断言することが出来ません。販売者と消費者はそれを踏まえた上で売買をする必要があるでしょう。