9beta(ナインベータ)とは?

近頃Twitterで話題の9β(9beta)

HHCと同等の陶酔作用があり、(名前的には)HHC-OやTHC-Oなどの様にアセチル化されていないため、毒ガスであるケテンの発生の心配も無いことから大きな人気を集めています。では、9βとは一体どのようなカンナビノイドなのでしょうか?

◆9βの正式名称は?

【9-hydroxyhexahydrocannabinol(以下の様にも呼ばれる様です)

9-alpha-hydroxy-hexahydrocannabinol, 9alpha-OH-HHC, 9-beta-hydroxy-hexahydrocannabinol, 9beta-OH-HHC

(https://www.semanticscholar.org/topic/9-hydroxyhexahydrocannabinol/1447648より引用)

9βの正式名称は、調べたところ複数ある様です(正式名称というより、9βと名前に含まれる物質ですが)

これは、化学構成が異なる複数の9βが存在するという事になります。

簡単に調べただけでも、以下の4つの9βが見つかりました。

ちなみに、これらの物質は生成が非常に困難であり、市場に流すための商品化は不可能に近い様です。

①9-β-hydroxy-hexahydrocannabinol(HHC): C21H32O3

9-Nor-9β-hydroxyhexahydrocannabinol(HHC) : C20H30O3

③9β-11-hydroxyhexahydrocannabinol(HHC)

④11-nor-9β-hydroxyhexahydrocannabinol(HHC)

こちらの化学式は見つける事が出来ませんでしたが(、こちらの【HHCとは何か?】という記事には

HHCとは11-nor-9β-hydroxyhexahydrocannabinol(HHC)の略である。

と記載されていました。

https://zephyrnet.com/hhc-what-is-it-and-what-are-its-effects/

◆9βとは何なのか?

もう皆様お気づきでしょうが、9βにはHHC(hydroxyhexahydrocannabinol)という単語が最後に付いています。

HHCを知らない方のために簡単に説明すると、HHCは日本では2021年末から流行り2022年3月17日に規制された半合成カンナビノイドです。

HHCは当時最新のカンナビノイドという事で情報が非常に少なく、GRAYではHHCについて可能な限り多くの情報を収集していました。

その際に明らかになったのが、HHCには多くの種類が存在するという事でした。

現在日本で流行している9βとは、この数種類のHHCに含まれる9βという単語が由来しているのかとGRAYは推測しています。

◆現在日本で流通している9betaは?

これについてはまだ確定はしていませんが、とある日本国内の業者がアメリカの詐欺グループに騙され、新成分9βとしてΔ8-THC若しくは別のカンナビノイドを購入させられた可能性が高い様です。(以下のMigoto CBD様の解説動画を参考にどうぞ)

ちなみにΔ8-THCは日本では違法です。

現在日本は新成分を売るのには最適な市場であり、COA(成分分析表)や成分の名称を偽れば簡単に売る事ができる状況です。

ちなみに『でも、違法性があれば税関でバレるんじゃないの?』

と思う方も多いかとは思いますが、税関では書類に不備がなければ違法物質でも通関してしまうのが現状です。

稀に成分分析もある様ですが、国内に輸入された全てのカンナビノイドを分析するのは現実的に考えれば困難です。

つまり、Δ8-THCであろうが通関してしまう可能性は十分あるという事になります。

◆9beta(HHC/9-hydroxyhexahydrocannabinol)は安全なのか?

現在分かっている時点では、人体への安全性は比較的高いと言える様です。

ただし、もし現在日本で流通している9betaがΔ8-THCである場合、警察に逮捕される可能性があるので注意が必要です。

◆海外で9betaは販売されているのか?

海外では9betaは販売されていません。

常に最新のカンナビノイドを商品化しているアメリカのBinoid社ですら、9betaの取扱いはしていない様です。

◆まとめ

◉9betaとは、HHCの一種である。

◉9betaは希少で商品化が不可能に近い。

◉アメリカにはΔ8-THC(若しくは別のカンナビノイド)を9betaという名称で日本に向けて販売している詐欺グループが存在する。

◉Δ8-THCは日本では違法である。

◉日本で流通している9betaがΔ8-THCなのかは成分分析をしてみない限り不明。

◉日本で流通している9betaには以前流行ったHHCと同等の陶酔効果がある。

◉アメリカでも9betaは販売されていない。

◉GRAYでは9betaの取扱予定は無し。

※あくまでもGRAYの調べた範囲内で記事を書いておりますので、訂正があればお申し付け下さい。

※9beta製品やその販売業社様の否定をする気はありません。

※9betaがΔ8-THCであるとは断言しておりません。