Δ9-THCPとは?

接尾辞の”-phorol”は、これら2つの新しい植物性カンナビノイドのレゾルシニル部分を構成する5-ヘプチル-ベンゼン-1,3-ジオールの一般名”sphaerophorol”に由来しています。Δ9-THCについてはこちらの記事からご確認ください。

 

THCPは、Δ9-THCと密接に関係したカンナビノイドで、大麻の中に0.1%未満の濃度で含まれています。この様な大麻に少量しか含まれないカンナビノイドをマイナーカンナビノイド若しくはレアカンナビノイドと言います。(THC、CBD、THCPをカンナビスに含まれるすべてのカンナビノイドは、CBGAに由来しており、CBGAは、大麻に含まれる他の酸性分子の酵素と相互作用して、THCPAとして知られるTHCPの前駆体化合物を生成します)

ちなみに市場に出回るTHCPは、CBDから合成される様です。

 

◆THCPの作用

THCPはΔ9-THCと同様にエンドカンナビノイド系と相互作用しますが、カンナビノイド受容体への親和性がΔ9-THCと比較してはるかに高く、Δ9-THCの最大33倍の頻度でCB1受容体に結合することが判明しています。THCPは、CB1及びCB2アゴニストの強力な植物性カンナビノイドです。

THCPは、アルキル側鎖を構成する炭素原子の列がΔ9-THCよりもはるかに長くなっています(Δ9-THCが炭素数5に対してTHCPは炭素数7)。このため、カンナビノイドは体中の受容体にしっかりと結びつくことができます。アルキル側鎖とは、炭素原子が連なったもののことを言います。

カンナビノイドがCB1受容体に対して何らかの効果を発揮するためには、アルキル側鎖に少なくとも3つの炭素原子が存在する必要があり、これがTHC等を摂取したときに感じる「High」の感覚の原因のひとつです。

 

◆ヒトCB1およびCB2受容体における結合親和性

[3H]CP55940 または [3H]WIN 55212-2 を参照化合物として、精製したヒト CB1 および CB2 受容体に対する (-)-trans-Δ9-THCP の結合親和性をラジオリガンド結合試験で測定し、用量反応曲線を求めた(図 3a、b)。(-)-trans-Δ9-THCP はヒトの CB1 および CB2 受容体に高い親和性で結合し、Ki はそれぞれ 1.2 および 6.2 nM であった。(-)-trans-Δ9-THCP は (-)-trans-Δ9-THC (Ki = 40 nM) より 33 倍、(-)-trans-Δ9-THCV (Ki = 75.4 nM) より 63 倍、新しく見つかった (-)-trans-Δ9-THCB (Ki = 15 nM) より 13 倍の CB1 受容体に活性がありました 12,14. さらに、新たに発見された(-)-trans-Δ9-THCPは、(-)-trans-Δ9-THC, (-)-trans-Δ9-THCB, (-)-trans-Δ9-THCV とは異なり、CB2受容体に対して約5倍から10倍高い活性(Ki = 6.2 nM) で、代わりにKiが36から63 nMの範囲で同等の結合親和性を示した(図3a)12, 14.

https://www.nature.com/articles/s41598-019-56785-1 より引用

 

THCPの用途と効果

THCPはまだ新しく、このカンナビノイドを発見したチームによる研究以外は今のところ存在しません。それにも関わらず、医療への応用の可能性は有望であると言われています。THCPは、癌の治療のために高レベルのTHCを必要とする患者に対して、より実質的な鎮痛・鎮静効果をもたらす可能性があります。

しかし、THCPが人間にどのような影響を与えるのか、どの大麻の系統にこのカンナビノイドが多く含まれているのかについては、確かな証拠はまだありません。また、多くのTHCP経験者がTHCPはΔ9-THCよりも強力な効果があると述べていますが、より強力であるという決定的な証拠はありません。

また、消費者のレビューレベルで言えば、THCPはTHCと同じ様な効果があると言えるでしょう。

●食事が普段よりも美味しく感じる。

●音楽が普段よりもダイナミックに聴こえる。

●SEXの感度が普段よりも上がる。

●仕事や生活においてのヒントやアイディアが浮かびやすくなる。

●幸福度が上がり、優しく平和な気持ちになる。

●映画などを見ると、その世界に入り込みやすくなる。

など。

◆THCPのリスクと副作用

前述した様に、THCPは、Δ9-THCの33倍のCB1受容体への結合力を持つと言われています。その事から、少量でもΔ9-THCよりも高い精神作用のリスクがあることが懸念されます。THCPを過剰に摂取すると、Δ9-THCを摂取した時以上の副作用が生じる可能性があります。

THCPはΔ9-THCに似ているため、両者の副作用は似ていると考えられます。一般的なTHCの副作用は、パラノイア、自意識過剰、眠気、疲労感、口の渇き、目の充血、嘔吐などがあります。

 

◆THCPは安全か?

THCPは新しく発見された事から、まだ十分な研究が進んでおらず、それが人間にとって安全かどうかはまだ不明と言えます。

 

◆THCPは合法か?

●アメリカでは?

ヘンプ由来であれば合法です。正確にはTHCPは、Δ8-THCやΔ10-THCと同様に法的にはグレーゾーンだと言えます。THCPは連邦規制物質法(CSA)では規制物質としては挙げられてはいませんが、それはTHCの類似物質と言えるのが理由です。THCのすべてのアナログは法律で削除されない限り、デフォルトで連邦アナログ法(FAA)の下で禁止されています。しかし、THCPはヘンプ中に自然に存在し、さらにヘンプから抽出されたCBDから誘導される事から、農業改善法の下で保護されていると多くの人が主張しています。

●日本では?

違法です。

 

◆THCPの種類

今回の記事では、THCPとはΔ9-THCPの事を指していますが、THCPには他にも種類が存在します。

▲ Δ3-THCP
▲ Δ8-THCP

 

◆最後に

THCPは日本では違法ですのでGRAY製品には含まれておりませんが、近い効果を得ることが可能な商品を取り揃えております。THCPの様な効果を合法的に使用したい場合は以下のリンクから購入が可能です。

【ストア(銀行振込のみ)】

https://graycannabis.shop/

【メルカリ店(カード決済可)】

https://mercari-shops.com/shops/scrPdrgifyinEZu5R4cxVm?source=item_detail